はじめてパパのしおり

育児記録、旅行や街の情報、物のレビューなどしていきます

三大大仏のひとつ、世界遺産「東大寺」で大仏様を見てきました

三大大仏のひとつである東大寺の大仏様を見てきました。

 

 

まずは鏡池

東大寺へのアクセスはさまざまな場所から入ることができますが、

やっぱり南大門の正面から入って大仏殿に行くのがおすすめです。

南大門の高さは25.5m、その南大門をくぐって右手に鏡池があります。

そこから逆さ大仏殿を撮りたいと思っていました。

f:id:pop-ran:20190316072611j:plain

鏡池に移る大仏殿

あいにく風があったのでこんな感じになっちゃいました。

無風の時に 撮りたかったなぁ。

 

大仏殿へ

奥の大仏殿に入るには、拝観料が必要です(500円/人)

手前にある中門の左側の方から入り口となっています。

中門の朱塗りの回廊は美しいです。

f:id:pop-ran:20190316105430j:plain

中門の回廊

中門を入ると、すぐに大仏殿が見えてきました。

この回廊から写真を撮るのも人が映りこまないのでおすすめです。

f:id:pop-ran:20190316074037j:plain

回廊から大仏殿

手前の右側の木が桜の木なので、咲いていたらもっといいですね。

3月9日だったので、まだ咲いていませんでした。残念。

 

回廊を進むと、正面に参ります。

f:id:pop-ran:20190316075535j:plain

大仏殿正面から

大きいです。

天平時代に聖武天皇により創建された大仏殿ですが、

その頃に建てたものと比べると3分の2の大きさまで縮小されているみたいです。

だけど大きいです。

この中に大仏さんがいます。さっそく行ってみたいと思います。

その前に焼香があったので、香りをかいで御利益を。

f:id:pop-ran:20190316081455j:plain

お線香

 

大仏殿の中へ

大仏殿に入るとすぐに大仏様がお目にかかれます。 

f:id:pop-ran:20190316091400j:plain

大仏様

高さは約15m、中指は1.3m、見上げると重圧感があります。

見ていると心が浄化される感じです。すっきりしました。

 

大仏様が座っている台座には、図柄の絵が描かれています。

この図柄の絵は、ほとけになられた時の状況が描かれているそうです。

f:id:pop-ran:20190316093446j:plain

大仏様の蓮台

 大仏様の横から

f:id:pop-ran:20190316095906j:plain

大仏様

大きな耳ですね。

頭の丸いものは、らほつと呼ばれるものです。

このらほつひとつでもすごい重さです。

また奈良の名物として、らほつ饅頭というのもあります。

 

らほつ饅頭を買ってみました

かりんとうの味がして、甘いです。

コーヒーやお茶に合う味でおいしいです。

f:id:pop-ran:20190316102120j:plain

らほつ饅頭

f:id:pop-ran:20190316102148j:plain

らほつ饅頭

虚空蔵菩薩

大仏様の横には、虚空蔵菩薩様がおられます。

f:id:pop-ran:20190316102615j:plain

虚空蔵菩薩

創建当初の東大寺の模型

裏側に周ると、創建当初の東大寺の模型があります。

縮小される前は、東西に100メートル近くの塔があったことが分かりました。

f:id:pop-ran:20190316103056j:plain

創建当初の東大寺模型

 

そして、大仏様の裏側に来ました。

大仏様の裏側はこうなっていました。

f:id:pop-ran:20190316103708j:plain

大仏様の裏側

柱くぐり

更に進むと、柱くぐりで有名な柱が見えてきます。

柱をくぐると御利益があると言われています。

その柱の穴は意外に小さく、横幅は30cmで、縦が37cmのようです。

大きな外人さんがくぐろうとしていましたが、ちょっとできなかったようです。

普通の体系の方ならくぐれるようなので、挑戦してみるといいかと思います。

f:id:pop-ran:20190316104417j:plain

柱くぐり

この柱の穴の大きさは、大仏様の鼻の穴と同じだそうです。
一周したので、もう一度大仏様に会うことができます。

鼻の穴も見てみましょう。

f:id:pop-ran:20190316104857j:plain

大仏様

ちなみに手前に止まっている蝶は、足が8本です。

これは、8という数字が演技が良くめでたいものなので、8本にしているみたいです。

 

御朱印を拝受

さいごは、御朱印を拝受しました。

御朱印帖は、東大寺と入っているのでここで購入しました。

菊の模様ですかね。色は緑色にしました。

f:id:pop-ran:20190316110710j:plain

御朱印

f:id:pop-ran:20190316110745j:plain

御朱印

華厳と書いてあるのかな?
東大寺華厳宗のお寺です。

時間と空間を超えた仏を説いた教えであり、

偉大で正しく広大な仏の世界を説く経典です。

 

以上東大寺でした。

2019年3月16日